EDのこと知っていますか?

EDというのは今は大分認識される様になってきましたが、Erectile Dysfunctionの略語であり、日本語では勃起障害のことをいいます。

勃起障害というのはどういった場合に、どんな症状がでるものなのでしょうか?EDというのは、もしかしらら…と気づくのは当然本人です。

そうかもしれない、でも違うかもしれないと、一人で悩んでしまう人も多いのではないかと思います。

そんな時は自己診断ができる項目がいある様なので、まずはそんなサイトをチェックしてみるといいかもしれませんね。

EDかもしれないチェック項目その①勃起するまでに時間がかかるEDかもしれないチェック項目その②勃起が持続できないEDかもしれないチェック項目その③性行為中に勃起しなくなるEDかもしれないチェック項目その④満足な性交ができないEDかもしれないチェック項目その⑤常に勃起できないEDかもしれないチェック項目その⑥朝立ちしないこの六つの項目に幾つチェックされるかで、EDの進行具合を知ることができます。

数が少ないとEDではないかと言われると、そうではなく、軽度のEDである可能性があるので、その原因を追及し、早期に治療をするといいかもしれません。

勃起というのは、二種類あって、性器を刺激することで起こる反射性勃起、視覚や聴覚で刺激されて起こる中枢性勃起があります。

これらの勃起は起こるまでの過程が異なるだけで、双方どちらも副交感神経からNOが放出されることで起こります。

EDになってしまった場合、このNOの放出量や、放出した後働きを阻害する酵素が出ることで起こります。

■関連サイト:EDの治療薬でお悩みの方へ